贈り物の意味を伝える

包丁の贈り物をする場合

包丁を贈り物に選ぶ時のマナー

包丁は一般的にお祝いの贈り物には選ばない方が良いとされています。切るための道具であるため、縁を切る、などという言葉を連想させるので縁起縁起が悪いとされています。しかし、刀を武士の象徴として考えていた時代がありました。その時代においては、刀は刃物を贈ることは、門出を祝う意味があるとされていました。結婚のお祝いの贈り物に包丁を贈るのはもっての他という考え方もありますが、家族の料理を作る道具なので、家庭円満を意味するという考え方もあります。正反対の意味に捉えられてしまう恐れがあるため、意味を伝えてから贈るのがマナーにかなっています。

贈り物のマナーはどんなもの?

贈り物を頂くと嬉しいですよね。贈り物をする側もどんな物を贈ろうかと考える楽しみがあります。ですが、贈るシーンによってはタブーとなってしまう物があるのはご存知ですか。古くからのジンクスを信じる方もいらっしゃいますので、ちょっとしたマナーを守って贈る相手への気遣いを大切にしてみませんか。例えば、入院などのお見舞いには、根付いてしまうと言う意味から鉢植えはタブーで切り花の方が好ましかったり、切ることを連想してしまうハサミや包丁などの刃物は結婚のお祝いには不向きです。また、新築祝いには、火事を連想させてしまうような赤い色の物を避けるなどがあります。

贈り物でのマナーの情報

↑PAGE TOP