贈り物の意味や縁起

ハンカチの贈り物のマナー

会社でのハンカチの贈り物は注意

会社では人事異動異動・定年退職・転職などで3月頃は別れが多い季節ではないでしょうか。そんな方に贈り物をする際に気を付けなければいけないマナーをご存知ですか。例えば、靴下は、踏みつけるという理由で目上の方に失礼だったりします。では、一般的に無難だと思われるハンカチの贈り物はどうでしょう。お値段的にもお手頃ですし、贈る側としては贈り易いですよね。ですが、ハンカチには、ジンクスがあるのをご存知ですか。感じでは「手巾」と書き、「手切れ」を連想することから縁を切る「別れ」を意味します。縁起が悪いとされ、昇進などのおめでたい事の場合は避けた方が無難です。特に白は縁起が悪いとされ、弔事の白い布を連想していまうからだそうです。

知っておきたい贈り物のマナー

贈り物をする時には、マナーを踏まえた上で選ばなければなりません。まず贈る時期ですが、それぞれのケースに応じて贈るべき時期というのが決まっています。その時期を外さないように贈りましょう。お祝いに関しては、その出来事を知ってからなるべく早く贈る、あるいは前から分かっている場合は、当日よりも前に贈ることが大切です。また、贈り物として相応しくないと言われるものもあります。例えば結婚祝いに包丁などの刃物を贈ったりすることです。これは、相手から希望があれば贈っても構いませんが、特に希望が出ていない場合は控えましょう。

贈り物でのマナーの情報

↑PAGE TOP