相手を気遣った贈り物

靴下の贈り物が失礼な場合

贈り物での靴下のタブーとは

別れの季節の3月がそろそろ近づきますね。会社などでは異動が多い季節です。また、学校も卒業シーズンで、お別れの贈り物の多い季節となりますね。ですが、贈る相手によってはタブーとなってしまう贈り物があるのはご存知でしょうか。相手を気遣うという意味でもマナーは大切です。ハンカチや靴下はお値段がお手頃ということもあり贈る側も気軽に贈り易いです。ですが、靴下やスリッパなどの履物は目上の方には失礼となるので、避けた方が賢明です。相手を踏みつけるという意味合いがあるそうです。目上の上司やお世話になった学校の先生に生徒から贈る場合は、別のプレゼントを用意しましょう。

贈り物にはマナーがあります

贈り物をする時、相手によっては選び方を間違うと失礼になる場合があります。目上の人に贈ってはいけない物を知っておきましょう。まず、金券や商品券などです。自分で選ぶように、という意味合いが含まれているので、心がこもっているとは言えないためです。靴下やスリッパなどのように履くものは、踏みつけるという意味があるため、相応しくありません。かばんや万年筆、腕時計などは、勤勉であるようにという意味合いがあるため、目上の人へ贈ってはいけません。下着も、最低限のものも買えない人に贈るという意味があります。贈り物を贈る際はマナーを守りましょう。

贈り物でのマナーの情報

↑PAGE TOP