贈り物のルールを確認

贈り物で気を付けるタブー

贈り物で注意するマナーやタブー

誰しもが経験したことの一つは、贈り物でしょう。心を込めて贈るものはもちろん、儀礼であったとしても、相手には気持ち良く受け取って頂きたいものです。まず、タブーを犯さないようにすることは最低限のマナーです。例えば、入院している人に鉢植えの植物を贈るのはいけません。これに限らず、予めどのようなルールがあるか調べておくと良いでしょう。そして、相手の喜ぶ贈り物ができれば、さらに良いと思います。これも先方が何を望んでいるか、下調べをしておくことが良いでしょう。皆様がマナーを守り、タブーを犯さず、相手の喜ぶものを贈ることができるよう、願っております。

贈り物のマナーについて

贈り物は、挨拶を兼ねて持参するのが正式なマナーですが、現代では郵送でも失礼にはあたらないと言われています。しかし、感謝の気持ちを伝えることが大切なので、品物が届く前に送り状を出したり、品物に手紙を添えるのが望ましいですが、親しい間柄の場合は、電話でも問題はないです。贈り物はできるだけ日柄の良い、大安あるいは友引の日に持参するのが理想的です。また目上の人の場合は、踏みつけるという意味を持つ履物や、勤勉を表すと言われる鞄や時計などを贈るのは失礼にあたります。季節感のあるものや、ご当地グルメなどの品物が喜ばれる場合が多いとされています。

贈り物でのマナーの情報

新着情報

↑PAGE TOP